口腔外科専門医とは

日本口腔外科学会の専門医制度は、わが国における歯科関係の学会としては、もっとも古い歴史を有しています。口腔外科専門医になるためには、

@6年以上の学会に所属・研修(学会参加、研修会参加、全身管理研修、救急救命研修)、

A100例以上の全身麻酔手術執刀(そのうち40例以上が難易度の高い手術)、

B50例以上の入院症例の全身管理、

C10例以上の口腔外科症例の管理・診断、

D3編以上の口腔外科に関する学術論文の発表、

E筆記試験・口頭試問に合格、

F手術実地試験に合格が条件となります。

口腔外科専門医は学会の厳正な審査、専門医試験に合格した、技術的に優れた安心して治療を受けていただける歯科医師です。

インプラントの歯医者選びの重要点

インプラント治療は成功率が高い治療法です。しかし、高い技術を必要とする治療法なので未熟な歯科医が行うと失敗してしまうこともあり得ます。信頼を寄せている歯科医でもインプラント治療経験が乏しい場合は、不安があります。インプラント医の選び方としては、高い技術と豊富な経験が一つの基準となるでしょう。
学会認定の専門医は、その点で安心といえます。